「医療における安全文化に関する調査」実施のお知らせ

医療安全の向上にご尽力いただきありがとうございます。
医療安全を組織的に推進するうえで重要とされる安全文化の醸成に寄与し質・安全向上の取組みの効果を可視化する方法の一つとして、「医療における安全文化に関する調査」(以下、安全文化調査)の活用を推奨しています。
同調査は米国AHRQが提唱し、国立保健医療科学院が実施した厚労科研費事業のパイロットスタディで日本版の有用性が確認されました。
調査結果の報告例と活用方法の説明を以下に抜粋しましたのでご参照ください。
また調査結果の活用方法の参考として「安全文化を醸成するチームSTEPPS」の教材の一部を提供します。

調査を実施される施設へのフィードバック

(1)総合ランキング:他施設との安全文化の比較(例)
(2)安全文化を構成する12側面別ranking(例)
(3)項目ごとの経年変化(例) ※複数年参加された施設のみの配布になります

  過去 90施設 64,490名の方々が参加してくださいました。(2014年 3月 31日現在)
  (延べ130施設 93,119名、上記数値では複数年度参加施設は最新年度のみをカウント)

チームSTEPPS教材資料提供サイトについて
TeamSTEPPS Japan Allianceでは、チームSTEPPS教材資料の提供をはじめました。
以下、6項目にご同意頂ける場合のみ各種教材をご利用いただけます。
1)患者安全の推進のために利用
2)利用目的以外使用をしない
3)営利目的では使用しない
4)施設内で利用
5)ダウンロードした電子データについて、再配布しない(第三者含む)
6)教材使用後、1ケ月以内に「チームSTEPPS教材活用報告」を行う
7)利用者の施設は公開させていただきます。

ご利用方法
 1.TeamSTEPPS Japan Alliance 教材提供サイトにアクセス
   TeamSTEPPS Japan Alliance 教材提供サイト
 2.「フォームを開く」ボタン押下
   必要事項を入力して送信
 3.メールを確認
   送信されてきたメールに記載されているアドレスに、
   専用のユーザーID・パスワードを入力しアクセス
 4.必要ファイルをダウンロード
   ファイルはすべてLZH形式で圧縮されています。
 5.教材使用後
   1ケ月以内を目安に
   「チームSTEPPS教材活用報告」ページより活用報告を行ってください。
年度末はいろんなところでスケジュールが
ギューギュー言ってたと思いますが・・・
4月が過ぎ5月に入ってから、「昨年度の業務の修正作業」
の依頼があったとゆう話をいくつか聴きしました。

同業者間の話だと、決まって

「金額が一番安いところに依頼したから」と。

なるほど・・

金額が一番安いところに依頼するのは悪くは
ないと思うのだが・・

たぶん 安すぎる。

安すぎるとは気づいていたのでしょうが・・

しかし、一番安いという事実に間違いはない。
当然発注がかかる。

恐る恐る、でもないけど値段を聴いてみると「絶句」

でもないか。

もうその感覚にはとっくに慣れているし。

でも、その金額じゃ2日に1食しかご飯が
食べられないよ・・本当に。

どうやってるのか 企業努力でできるものなのか。
他に稼ぎ頭があるから、あくまで余力なのか。

まぁうちの会社じゃ受注は無理。

そういう弊社にもチラホラ同様の問合せが・・
(今まで取引はなかったはず・・)
いやいや理由なんかなんでも良い。

お声がけいただければなんでも(笑)

本当に景気が良くなってるのだろうか。
年度末のドタバタで、どれが何で、何がどれで・・
なんだかわからなくなっていた3月中旬。

宅急便が届き、包みを開けてみると
一冊の本が・・・
なんと昨年少しお手伝いさせていただいた
完成結果のご案内でした。

戦後まもなくから続いている世論調査です。
歴史ある貴重なお仕事に携われていたなんて。

全体の中のほんの一部のお手伝いだったと
思いますが、そんな我々にもお知らせいただく
なんて感激!!

いやぁ 嬉しい・・
いろいろなお手伝いをいたしますが
結果をお知らせいただくなんて、ましてや刊行物を
贈っていただくのはやはりとても嬉しい。

滅多に言われる事がない(反省)
御礼の言葉をいただいた!!(と思っています)
すごい!!
何ともいえない気持ち。 感謝!!

本当にありがとうございました。
機会がございましたら、是非お手伝いさせてください。
宜しくお願いします!!

【ショートカットキー】・・・(2)

エクセルで 入力や、作表中に新規にファイルを作成するしたり

別のファイルを開いて、以前に作成した表をコピーしたりすることが

あります。

やはり、キーボードから手を離してマウスで、

『ファイル』→『新しいブック』 か、『開く』とやっていることが多いと思います。

それをショートカットキーでおこなうと

 

新規にファイル(Book)を作成する場合は

 「Ctrl」キーを押しながら 「N」のキーを押す

すると すぐにエクセルのBookが開きます。

 

以前に作成したエクセルファイルを開きたい場合は

 「Ctrl」キーを押しながら 「O」のキーを押す

『ファイルを開く』のダイアログボックスが開きます。

※Word その他などでも同じように使えます。

 

 「Ctrl」 + 「N」 新規にファイル作成 

 「Ctrl」 + 「O」 以前のファイルを開く

どちらを使ってシステムを作ったらよいか・・・?

お客様との打ち合わせで話題になるのですが。

この二つを単体で比べることは ちょっと違うような気もしますが

スタンドアロンで使う場合について どちらが良いかと訊かれたら・・ 

まず

ご自身で、データを入力しながら作成してメンテナンスもやる!!(できる)

かたならFileMakerをお使いになることをおすすめします。

覚えるのは簡単。

自分の思うようにできれば、それはもう便利です。(制限はあります)

でも 「ここをもう少しなんとかしたい」、「使い勝手をよくしたい」などの

欲求が出てきたとき

データベースのことを覚えたり、あれこれやっている時間までないかたは

苦しくなります。

そのときは、外注化するなりしなければなりませんが、データベースや

プログラミングの知識がなければ作成やカスタマイズができない

 Microsoft Accessでも同じです。

 

他の人に作成を頼んだり、外注化したりして、ご自身は設計指示をするかた

どうせ頼むなら自由度の高いMicrosoft Access でいろいろ希望を出して

システム提案してもらったり、アイデアを出してもらうのも良いと思います。

もちろん その場合は工期やコスト(メンテナンスも含む)も判断材料になります。

 

それぞれの特徴は下に書ききれないぐらいありますが、結局は、「何を」

「どのように」作って、「どんなデータを」「どう運用してゆくか」をじっくり検討して

判断するしかありません。

ご要望がございましたら 是非ご相談ください。

 

【FileMaker】            【Microsoft Access】

習得が簡単(労力少ない)        データベースの知識必要

選択するだけでスクリプト作成可能    プログラミングの知識必要

できること:自由度少ない        できること:自由度多い

カスタマイズ簡単            カスタマイズ 知識が必要

1データベースあたりの容量制限     1データベースあたりの容量制限

8テラバイト               2GB 

価格がAaccessに比べて少し高い    価格がFileMakerに比べて少し安い

参考書等の外部情報かなり少ない    情報量多い

・ ・

・ ・

・ ・ 

 

 

 

 

【ショートカットキー】

パソコンでの作業、キーボードとマウスでの操作では

どちらの比重が大きいでしょうか?

文章を入力したり、売上表を作ったりするので

キーボード操作がどうしても多いと思います。

ところが、コピーしたり項目の移動や機能切り替えなど

の操作をキーボードから手を離してマウスでおこなったりします。

キーボードとマウスの間で行ったり来たりして

なんとなくリズムが崩れたり、操作に時間がかかったような

感じがしていませんか?

できることならキーボードを使っているときはキーボードのみで

操作を済ませたい。操作を早く正確におこないたい。

そんな人のために、ショートカットキーを使うことをおすすめします!

それでは、よく使う コピー&ペースト から

この操作は、右手でマウス操作(移動や、範囲選択)

左手でキーボード操作(コピー&ペースト)をすると効率が良く

なるケースだと思います。(特に連続操作で威力を発揮します)

☆  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

 

コピーしたい範囲を選択したら

キーボード左下の 「Ctrl」キーを押しながら  「C」 のキーを押す

そして貼り付けたい場所で、

 「Ctrl」キーを押しながら  「V」 のキーを押す

ちなみに切り取りの場合は、「Ctrl」キーを押しながら  「X」 のキー

貼り付けはコピーと同様。

この方法は文章や、図形でも同じですが図形や画像に限って

図形を選択している状態で 「Ctrl」 + 「D」をおこなうと

1回の操作で コピー&ペーストができてしまいます!

驚くことにこの操作は、コピー元とコピー先の位置関係をも

コピーしてくるのです!(コピー元とコピー先の間隔や縦横の位置など)

是非お試しください。

 

 「Ctrl」 +  「C」  コピー

 「Ctrl」 +  「X」  切り取り

 「Ctrl」 +  「V」  貼り付け

 

 図形、画像に限って 

 「Ctrl」 +  「D」  コピー&ペースト

 

 

☆  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出先の施設や、ホテルなどのパソコンでメールを見たい場合

ブラウザからチェック可能な「Webメール」が便利。

各種プロバイダが提供していますが、「Gメール」は

 無料です!!

そしていろいろな機能が付いています。

サーバ容量も大きいのでうれしい。

 設定も簡単!!

希望アドレスとパスワードを申請したら

すぐにでも使えます!!

 

 【設定してみましょう】

1)まず、グーグルトップページへ

2)下図の矢印で示した 「もっと見る」をクリック

 

001Image1.jpg

 

3)下図の矢印で示した 「Gmail」をクリック)

 

00005-Image1.jpg 

 

 

4)下図のように、Gメールの画面が表示されます。

  下のほうにある「アカウントを作成する」。をクリックします

003.JPG 

 

5) 「アカウント作成」画面が表示されますので、必要事項を入力して

  利用規約を同意のうえ、アカウントを作成。

 

004.JPG

 

6)アカウントが作成できれば 4)のアカウント入力画面からログインして

  Gメールが使えるようになります。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

どうしても メールチェック できないとき、

受信したメールに自動的不在を知らせるメールを返信してくれる。

Gメール『不在応答』 機能が便利です!!

 

メールを送信したら、即 返信メールが来て当然!とか 来て欲しい!

と思っている人が多いようです。

もちろん、出来る限り こまめにチェックして なるべく返信をするのは

マナーかもしれませんが、インターネットに接続できない環境だったり

することは意外とあるものです。

設定方法は簡単!!

(1) Gメール画面 右上の『設定』をクリック

gmail-1-501-1.JPG  

設定画面が表示されます。

 

(2)『全般』を表示したまま 画面を (3)下方向へスクロール

 

gmail-2-70-1.JPG 

(4)『不在通知』の項目があります。

(5)「不在通知を ON にする」にチェックする。

  タイトルやメッセージも自由に作成できます!!

 タイトルに「冬季休暇中です」 メッセージに「12月25日までお休みをしてます・・・」

「急用の方はこちらまで・・TEL◯◯−◯◯◯◯」

「不在期間の担当者・・◯◯氏 TEL◯◯◯」

など不在時の対応も可能です。

gmail-3-70-2.JPG 

 

 

弊社でお手伝いさせていただいたお仕事で、とても嬉しいご連絡をいただいました!!

 日本語学習者と教師のための漢字学入門

      漢字系統樹で学ぶ

 漢字イメージトレーニング500

       善如寺俊幸 著

+++++++++++++++++++++++++++++++++
日本への留学生や海外で日本語を教える先生向けに出版
専門家だけでなく、子供も家族もみんなで楽しく漢字が学びあえます。
+++++++++++++++++++++++++++++++++

2010年10月20日発売とのことでした。

⇒購入はこちら amazon

漢字のなりたちや、各々のパーツの意味など 

いろいろと教えていただきながら

作成したことを、暫く時間がたった今も良く覚えています。

「え〜こんな事が元になってるんだ!」と感動したり

「この意味を知ってたらすごいよね!」とワイワイ言いながら

楽しく勉強(仕事)しました。まるで、中高生になったように・・

あまり、楽しかったと書いてばかりだと叱られてしまいそうです。

先生のご苦労ほどではありませんが、少しは大変なところもあったと

報告させていただきます。

この本の絵をみながら、どんな漢字になったのだろうと想像して

みるのも楽しいと思いますよ。

2014年5月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ

  • img