2011年3月アーカイブ

【ショートカットキー】・・・(2)

エクセルで 入力や、作表中に新規にファイルを作成するしたり

別のファイルを開いて、以前に作成した表をコピーしたりすることが

あります。

やはり、キーボードから手を離してマウスで、

『ファイル』→『新しいブック』 か、『開く』とやっていることが多いと思います。

それをショートカットキーでおこなうと

 

新規にファイル(Book)を作成する場合は

 「Ctrl」キーを押しながら 「N」のキーを押す

すると すぐにエクセルのBookが開きます。

 

以前に作成したエクセルファイルを開きたい場合は

 「Ctrl」キーを押しながら 「O」のキーを押す

『ファイルを開く』のダイアログボックスが開きます。

※Word その他などでも同じように使えます。

 

 「Ctrl」 + 「N」 新規にファイル作成 

 「Ctrl」 + 「O」 以前のファイルを開く

どちらを使ってシステムを作ったらよいか・・・?

お客様との打ち合わせで話題になるのですが。

この二つを単体で比べることは ちょっと違うような気もしますが

スタンドアロンで使う場合について どちらが良いかと訊かれたら・・ 

まず

ご自身で、データを入力しながら作成してメンテナンスもやる!!(できる)

かたならFileMakerをお使いになることをおすすめします。

覚えるのは簡単。

自分の思うようにできれば、それはもう便利です。(制限はあります)

でも 「ここをもう少しなんとかしたい」、「使い勝手をよくしたい」などの

欲求が出てきたとき

データベースのことを覚えたり、あれこれやっている時間までないかたは

苦しくなります。

そのときは、外注化するなりしなければなりませんが、データベースや

プログラミングの知識がなければ作成やカスタマイズができない

 Microsoft Accessでも同じです。

 

他の人に作成を頼んだり、外注化したりして、ご自身は設計指示をするかた

どうせ頼むなら自由度の高いMicrosoft Access でいろいろ希望を出して

システム提案してもらったり、アイデアを出してもらうのも良いと思います。

もちろん その場合は工期やコスト(メンテナンスも含む)も判断材料になります。

 

それぞれの特徴は下に書ききれないぐらいありますが、結局は、「何を」

「どのように」作って、「どんなデータを」「どう運用してゆくか」をじっくり検討して

判断するしかありません。

ご要望がございましたら 是非ご相談ください。

 

【FileMaker】            【Microsoft Access】

習得が簡単(労力少ない)        データベースの知識必要

選択するだけでスクリプト作成可能    プログラミングの知識必要

できること:自由度少ない        できること:自由度多い

カスタマイズ簡単            カスタマイズ 知識が必要

1データベースあたりの容量制限     1データベースあたりの容量制限

8テラバイト               2GB 

価格がAaccessに比べて少し高い    価格がFileMakerに比べて少し安い

参考書等の外部情報かなり少ない    情報量多い

・ ・

・ ・

・ ・ 

 

 

 

 

2014年5月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ

  • img

このアーカイブについて

このページには、2011年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年2月です。

次のアーカイブは2014年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。