Microsoft IMEを使ってみよう


Windowsには、日本語を入力するために、日本語システムMS-IMEが用意されています。
他の入力システム(ジャストシステム社のATOKなど)がセットアップされている場合は、
切り替えて使うこともできます。

日本語を入力するには、日本語入力システムをオンにします。
日本語入力システムがオンになっている場合は、「あ」の表示が、オフの場合は「A」が表示されます。

オンの状態   ime_on.jpg   

オフの状態   ime_off.jpg

ワープロソフトを起動すると日本語入力システムが自動的に起動されますが、
ワープロ以外のアプリケーション・ソフトを使用する際に日本語システムを起動する方法には、
次の2通りの方法があります。

1.マウスで「日本語入力インジケータ」(上記の画像)の「A」をクリックし、
  「ひらがな」を選択します。

2.キーボードの「全角/半角」キーを押します。


MS-IMEツールバーを理解しましょう

ime_input.jpg 入力モードボタン
    現在の入力モードが表示されます。
    入力モードには、全角ひらがな、全角カタカナ、全角英数、半角カタカナ、
    半角英数および直接モードがあります。

ime_mode.jpg 変換モード
   漢字の変換モードを指定する場合に使います。
   変換モードには、一般、人名/地名優先、話し言葉優先および無変換モードがあります。

ime_pat.jpg IMEパット(読み方がわからない文字を入力する時)ボタン
    難解な漢字や記号を入力する時に使います。
    手書きで入力した文字を検索することもできます。

ime_tool.jpg ツールボタン
   単語や用例を辞書に登録をしたり、プロパティを表示したりする時に使います。
   その他、コマンドが表示されます。

ime_help.jpg ヘルプボタン
   MS-IMEのヘルプを表示する際に使います。

ime_caps.jpg CAPS/KANA インジケータ
    カナロックとCapsLockの状態が表示されます。

   ※CAPSロックの方法は、「Shift」キー+「Caps Lock 英数」で行えます。
   ※「かな入力」と「ローマ字入力」を切り替える方法は、使用している機種により
     異なる場合がありますが、一般的に「Ctrl」キー+「英数」で行います。

MACで作業をされる方へ・・・

 これからの作業をされる場合は、以下の設定を行ってください。
  システム環境設定 → キーボードとマウス → 「キーボード」タブから
  「F1〜F12を使ってソフトウェアの機能を制御」にチェックを入れてください

2011年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31