MS-IMEの入力間違い訂正や変換


入力間違いを訂正してみましょう

文字を間違えて入力してしまった場合は、間違えた部分の文字を削除し、
正しい文字を入力し直します。
文字の削除には「Delete」キーや「Backspace」キーを使います。

Delete」キー    カーソルの右側の文字を削除します
Backspace」キー カーソルの左側の文字を削除します

 ※ 点線が引かれている未確定文字は「Esc」キーで削除できます

漢字に変換してみましょう

ひらがなで入力した読みを漢字に変換してみましょう。
MS-IMEで漢字に変換するには、「変換」キー、または「スペース」キーを使用します。
変換すると文字は太実線の下線付きで表示されます。
この状態を未確定の状態といい、再変換が可能な状態を示します。
入力した文字を確定するには「Enter」キーを押します。
確定が終了すると下線が消えます。

entry_1.jpg    ひらがなで入力をしたままの状態

   ↓    変換 「スペース」キー 押下
entry_2.jpg       スペースキーを押下して候補の漢字を表示中

   ↓    確定 「Enter」キー 押下

entry_3.jpg       Enterキーを押下直後(漢字を決定した直後)

漢字候補を選択してみましょう

一度の変換で目的の漢字に変換されない場合は、下線(太実線)表示
されている状態でスペースキーを押下し、再変換します。
漢字候補が3つ以上ある場合は変換候補リストが表示されます。

entry_4.jpg  ひらがなで入力したままの状態

   ↓   スペースキー(変換キー)を押下し漢字に変換します
entry_5.jpg
   ↓   続けてスペースキー(変換キー)を押下し、変換候補リストを表示します。
entry_6.jpg
   ↓   スペースキーを押下し、反転カーソル(色が少し違う部分)を「柿」にあわせます
       (「 ↓ 」キーでも移動できます)
        ※反転カーソルを合わせる以外に、番号を入力するか、
          目的の漢字をクリックしても入力できます。
          (ただし、候補一覧が表示されなくなります)
entry_7.jpg

       「Enter」キーを押下し、確定します

※次候補への移動は「 ↓ 」キー、前候補への移動は「 ↑ 」キーを使用します
※次の候補郡を表示するには、「PageDown」キー、
  前候補郡を表示するには「Page Up」キーを使用します
※先頭の候補に戻るには「Home」キー、最後の候補を選択するには「End」キーを使います

コメントを参照して正しい単語を選択しましょう

MS-IMEの辞書では、同音異義語等の使い方を誤りやすい単語に、あらかじめコメントが付いています。
コメントは変換候補の一覧を開いた時に表示されますので、コメントを参照することにより、適切な候補を
より素早く選択することができます。

entry_8.jpg

2011年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31