端数処理


10円単位や100円単位など切りのよい数値に揃えたい場合に使用する関数を学習します。

CEILING関数
 =CEILING(数値,基準値)
   数値をはさむ基準値の倍数のうち、0より遠い値を返します
   (絶対値で比べて大きいほうの値)
   例) =CEILING(125,10)
      =130
       この場合、120をはさむ10の倍数は120か130です
       このうち0より遠い値は130です

FLOOR関数
 =FLOOR(数値,基準値)
   数値をはさむ基準値の倍数のうち、0に近い値を返します
   (絶対値で比べて小さいほうの値)
   例) =FLOOR(125,10)
      =120
       この場合、120をはさむ10の倍数は120か130です
       このうち0に近い値は120です

MROUND関数
 =MROUND(数値,基準値)
  基準値の倍数になるように四捨五入を行います
  ※この関数を使うには、分析ツールを組み込まなくてはいけません
  例) =MROUND(125,10)
     =130
       この場合、数値の125が10の倍数になる四捨五入の値は130です


e0137.jpg

1.セルE7の合計金額を100円単位で四捨五入してみましょう。
  セルE9に数式を入力してみましょう。
  =CEILING(E7,100)

2.セルE7の合計金額を100円単位で切り捨てしてみましょう。
  セルE10に数式を入力してみましょう。
  =FLOOR(E7,100)

3.セルE7の合計金額を100円単位で切り上げてみましょう。
  セルE11に数式を入力してみましょう。
  =MROUND(E7,100)

※EVEN関数
  数値を切り上げて最も近い偶数にします
  =EVEN(数値)

※ODD関数
  数値を切り上げて最も近い奇数にします
  =ODD(数値)


2011年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31