土日祝祭日を除く稼働日数


開始年月日から終了年月日までの日数から、土曜日、日曜日および指定された祭日を除く日数を稼働日数として求めてみましょう。

=NETWORKDAYS(開始日,終了日,祭日)

開始日から終了日までの期間に含まれる稼働日数を返します。
稼働日とは、土曜日、日曜日、指定された祭日や休日を除く日のことです。

開始日:対象期間の初日を日付で指定
終了日:対象期間の最終日を日付で指定
祭  日:祭日や夏季休暇など稼働日数の計算から除外したい日を日付で指定

 ※NETWORKDAYS関数はアドイン機能により追加れる関数です。
  あらかじめアドインより、「分析ツール」をオンに設定して組み込んでおく必要があります。

完成図
e0142.jpg

1.稼働日数を算出するセルD4をクリックしましょう

2.「=NETWORKDAYS(B4,C4、E4:H4)」と数式を入力しましょう。
  稼働日数「18」と計算されました。

3.D4の数式をD15までコピーしましょう。

「1/1」と入力をすると、入力した年の日付が表示されますので、
翌年の稼働日数表を作成する場合は注意しましょう。

2011年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31