Zチャート作成

 

Zチャートとは・・・

 毎月の販売高推移を、1)月毎の販売高
           2)累積販売高
           3)月毎の移動年計
 
 以上の3つを線グラフで表示したものです。
 ちょうど、アルファベットのZという文字に似たグラフとなるので、
 Zチャートと呼ばれています。

 ※月毎の移動年計(12カ月移動和ともいう)の計算式は
  =前月の移動年計+当月販売高−前年の当月販売高 で求めます。


下図の月別販売高推移表を使ってZチャートを作成してみましょう。
e0161.jpg

1.セルG5に移動年計を求める数式を入力しましょう。
  =D16+E5−C5
  と、入力をし、まず1月の移動年計を計算しましょう。

2.次にセルG6に2月以降の移動年計を求める数式を入力しましょう。
  =G5+E6−C6
  と入力をしたら、G6の数式をG16までコピーしましょう。
  e0162.jpg

3.上記の表が作成され、Zチャートを作成する準備が整いました。
  では、折れ線グラフを作成してみましょう。
  グラフにするセル範囲である B4:B16とE4:G16を選択しましょう。

4.選択が完了したら、グラフを挿入します。
  グラフの種類は「折れ線」を選択し、形式は「データマーカー付き」を選択、
  グラフタイトルは「月別売上高推移Zチャート」とし、新しいシートに
  グラフを作成しましょう。

  下のグラフが作成されましたか?
  e0163.jpg
  12月の移動年計と累計販売高が同じ値になり、アルファベットのZのような
  かたちになることに注目をしましょう。
  
  移動年計の折れ線は、月毎の年間販売高の推移を表します。
  そのため、移動年計が
  1)右上がりの時
    販売高は前年度に比べて上昇傾向
  2)横ばいの時
    販売高も横ばい
  3)右下がりの時
    販売高は下降傾向
  このように、読み取ることができます。


2011年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31