ピボットテーブル(3)


列と行のフィールド入れ替え

ピボットテーブルのレイアウトは、利用目的に応じ自由自在に変更することができます。
行や列のフィールドを入れ替えると、すぐに行列逆などの集計表に変更されます。

1.列フィールド(お得意先)を行フィールドへ移動してみましょう。
  「お得意先」をポイントし、マウスポインタの形状がe0190.jpg になったことを確認しながら
  行エリアへドラッグしましょう。
  e0191.jpg
  上図の場所でマウスボタンを離します。
  すると下図のように商品のアイテムごとにお得意先のアイテムが表示されます。
  (行フィールドが2つにかわります)
  e0192.jpg

2.行フィールド(商品名)を列フィールドに移動してみましょう。
  「商品名」をクリックしマウスポインタの形状がe0190.jpgになったことを確認しながら
  列フィールドへドラッグしましょう。
  e0193.jpg
  e0194.jpg
  e0195.jpg
  このように、簡単に行列を入れ替えることができます。

フィールドを入れ替える際に、余分なフィールドが出てきたら?

1.不要になったフィールドをピボットテーブルエリア範囲外へドラッグします。
  この時、ピボットテーブルのエリア外へマウスが移動した時のマウスポインタの
  形状はe0196.jpg このようになります。
  今回は、商品名をエリア外へ移動してみました。
  e0197.jpg
  上記のようにピボットテーブルエリア外でマウスポインタの形状がe0196.jpgの時に
  マウスボタンを離すことにより、不要なフィールドを削除することができます。

2011年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31