統計関数の最近のブログ記事


前回は元データを利用し、グラフ内に移動平均を表示しました。
今回は、移動平均を計算して表示させてみましょう。

移動平均の計算式は
 当月を含む過去一定期間の数値の平均です。

e0155.jpg
1.前回使用した表に3ヶ月移動平均
  5ヶ月移動平均のフィールドを
  作成しましょう。














e0156.jpg
 2.セルD6に計算式を入力しましょう。
   「=AVERAGE(C4:C6)」と入力します。
   数式をD15までコピーしましょう。
   ※今回数式はAVERAGE関数を用いましたが、
     「=SUM(C4:C6)/3」としても同じ結果を
     えることができます。










e0157.jpg

3.同様にセルE8に5ヶ月の移動平均を
  求め、セルE15まで数式を
  コピーしましょう。
 

 ※移動平均のみのグラフを作成する場合は、
   グラフの作成範囲を、B3:B15,D3:E15とし、
   折れ線グラフを選択すればOKです








分析ツールを使用して移動平均の値を求める

 上記方法は、AVERAGE関数を用いて移動平均を求めましたが、Excelのアドイン機能である
分析ツールを使用して移動平均を求めることができます。
 ※メニューバーのツールメニューの中に「分析ツール」が表示されていない場合は、
   メニュー→アドイン→分析ツールの前のチェックをつけて利用できるようにしましょう。
   Excel2007の場合は、
   画面左上のOfficeボタン→Excelのオプション→画面左側の「アドイン」をクリック→
   画面右側の下にあるExcelアドイン右側の「設定」ボタンをクリックし、
   「分析ツール」の前にあるチェックをつけましょう。

1.月度売上高が入力されているシートを開きましょう。
  売上高の右側に3ヶ月と5ヶ月の移動平均を表示させるフィールドを作成しておきましょう。

2.メニューバーのツール→分析ツールを選択し、「データ分析」ダイアログボックスを
  開きましょう。
  ※Excel2007では、データタブ→分析→データ分析でダイアログボックスが
    開いてきます。

  e0158.jpg
  上記データ分析のダイアログボックスの中から、「移動平均」を選択しOKボタンを
  押下します。

3.移動平均ダイアログボックスでは、3ヶ月の移動平均を表示する場合には下図のように設定をします。

  e0159.jpg
  ※入力範囲は、フィールド名称を含まず、売上高のセル全てを範囲選択します
  ※区間は、ここでは3ヶ月の移動平均を求めるので「3」を入力します
    (5ヶ月の場合は、「5」を入力します)
  ※出力先は、ここでは3ヶ月の移動平均を表示したいのでD4を選択します
    (5ヶ月の場合は、「E5」を選択します)
    出力先は値を出力する範囲の先頭のセルを必ず選択しましょう

4.3ヶ月の移動平均は、1月と2月は、求める式の範囲にデータがないので
  エラー値(#N/A)が表示されます。
  3月以降の値はAVERAGE関数で求められています。
  e0160.jpg



移動平均グラフを作成すると、データの傾向が平均化され傾向を読み取りやすくすることができます。
Excelのグラフ機能の中にある近似曲線を利用し移動平均のグラフを作成することができます。

e0148.jpg
1.左図の月別売上高のデータから、
  3カ月移動平均と5カ月移動平均のグラフを
  作成してみましょう。


















e0149.jpg
2.グラフを作成する範囲(B3:C15)を
  範囲選択しましょう。

3.グラフウィザードを起動しましょう。

4.グラフの種類:縦棒
  グラフの形式:集合縦棒
  上記2点を確認し、次へ進みましょう。

5.グラフタイトルは
  「月別売上高と移動平均」としましょう。
  グラフの作成場所は「新しいシート」と
  してみましょう。
  (同一シート内でも作成することが
   可能です)

6.次に近似曲線をグラフ内に追加して
  みましょう。
  データ系列(どの棒でも構いません)を
                              右クリックしてましょう。
  
e0150.jpg
  7.左図のメニューが表示されますので、
    近似曲線の追加をクリックしましょう。

e0150-1.jpg










上の図はExcel2007のメニュー        上の図はExcel2003までのメニュー


e0152.jpg
8.左図の近似曲線の書式設定が
  表示されます。
  (左図はExcel2007の画像)















e0152-1.jpg
8−1.左図の近似曲線の追加画面は
    Excel2003までの画像です。















9.「種類」タブ(Excel2007では近似曲線のオプション)であることを確認しましょう。
  移動平均アイコンをクリックし、区間を3に変更しましょう。
  変更が完了したらOKボタン(Excel2007では閉じるボタン)をクリックしましょう。
  グラフ内に移動平均のグラフが折れ線グラフで表示されたことを確認しましょう。
  
  確認が出来たら、同様に任意のデータ系列を右クリックし、移動平均を選択後
  区間を5に変更して5カ月の移動平均を表示しましょう。
  下図のように移動平均の折れ線グラフが表示されたことを確認しましょう。
  折れ線グラフの色の変更は通常の変更方法と同様です。

  e0154.jpg

次回は、元データを表示せず、移動平均のみのグラフを表示する方法をご紹介いたします。

2011年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31